不動産取引の基本記事一覧

取引態様とは、不動産取引における不動産業者の「立ち位置」のことです。その不動産取引に「どんな立場で関与しているか」を示します。取引態様には、売主・代理・媒介の3タイプがあり、不動産業者は、取引態様の明示が法律で義務付けられています。不動産取引において取引態様の明示が大事な理由、3つの取引態様(売主・代理・媒介)の違いについて、見ていきましょう。

不動産売却を業者に依頼するとき、不動産業者(宅建業者)との間で「媒介契約」を結びます。媒介とは、仲介のことです。媒介契約には、「一般媒介契約」「専任媒介契約」「専属専任媒介契約」の3つの形態があります。そもそも媒介契約とは、どんな契約なのか、3つの媒介契約の特徴と違い、売主にとってのメリット・デメリットを見ていきましょう。