不動産売却は大手と地元中小のどちらが有利か

大手不動産業者

 

不動産売却は、大手不動産会社の方が、地元の中小不動産会社より有利と考えられがちですが、今は、単純に大手だから有利とはいえない状況になっています。

 

大手と地元中小それぞれのメリット・デメリット、大手と地元中小のうち、いずれか1社に決めなければいけないとき、どう判断すればよいのか、見ていきましょう。

 

「大手」と「地元中小」のメリット・デメリット

大手不動産会社には大手の、地元中小不動産会社には地元の、メリットや強みがあります。

 

大手不動産会社または地元中小不動産業者に不動産売却を依頼するとき、それぞれ、どんなメリット・デメリットがあるか、まとめておきましょう。

 

大手 地元中小
メリット
  • 独自の全国ネットワークで買主情報が集まりやすい。
  • 店舗が駅前や商店街など人通りが多い場所にあり、人が来やすい。
  • 資金力があり、広告を出しやすい。
  • 社員研修により、担当者が一定以上の力量を備えている。
  • 地元の購入希望者の情報が集まりやすい。
  • きめ細かい対応ができる。
  • 特定の物件・エリアに強い場合がある。
  • 地域の実情に詳しく、その情報を売却活動に生かせる。
  • 古くから営業し、顧客情報の蓄積がある。
デメリット
  • 対応が画一的になりがち。
  • 両手仲介にこだわり、高く売れる機会を失うことがある。
  • ノルマ達成のため、安値で売却することがある。
  • 地元以外の顧客情報は集まりにくい。
  • 業者・担当者の力量にバラつきがある。
  • 売りにくい物件は放置される場合がある。
  • 広告宣伝費が大手のように潤沢でない。

 

ここで挙げたメリット・デメリットは、大手と地元中小の不動産業者を比べたときの一般的な傾向です。

不動産売却は、大手が有利とは限らない

大手不動産会社は、独自の全国ネットワークがあり、顧客情報が豊富です。資金力もあるので、駅前や商業地など人が集まりやすいところに店舗を構え、広告費も潤沢です。

 

そのため、大手不動産会社に売却を頼む方が、売却物件が購入希望者の目に触れる機会が多くなる可能性はあります。かつては、これが大手の強みでした。

 

しかし、今は事情が異なります。

 

レインズ

 

レインズに登録すれば、全国の不動産業者が情報を共有できる

今は、大手も中小も関係なく、どの不動産会社に売却を依頼したとしても、あなたが売りに出す物件は、業界の物件情報データベース「レインズ」に登録され、全国の不動産会社が物件情報を共有できる仕組みになっています。

 

極端な話、売却物件の情報をレインズに登録さえすれば、全国の不動産会社が瞬時に売り出し物件情報を知ることができ、それぞれの不動産会社が自社の顧客にその情報を提供することで、全国各地から購入希望者の情報が集まる仕組みなのです。

 

ですから、不動産売却において「大手か地元中小か」の選択肢は、今では、あなたが思うほど重要ではないのです。

 

地元の不動産業者の方が、買手情報が集まりやすいことがある

古くから営業し、その地域のことを隅々まで知り尽くしたベテラン営業マンがいる地元密着の不動産会社には、大手といえども、ピンポイントの顧客情報量ではかないません。

 

そういう不動産会社には、豊富な過去の取引情報の蓄積があり、口コミで自然と顧客が集まってきます。不動産以外のことでも地元の情報に詳しく、大手の知らないような地域情報をたくさん持っています。

 

こういう不動産会社に売却を相談すれば、かなり高い精度で、売却価格や売却期間を知ることができ、スピーディーに良い条件で売却できる可能性が高いのです。

「大手か地元中小か」より大切なのは業者の販売力

不動産業者選びで「大手か地元か」は、あまり重要ではありません。だとすれば、何を選択の基準に不動産業者を選べばよいのでしょうか?

 

1つだけ挙げるとすれば、担当する営業マンの販売力です。

 

物件情報は、レインズに登録すれば、全国すべての不動産会社に共有されます。ただし、レインズに登録しただけで、すぐに買手が付くわけではありません。「物件情報を共有できること」と「売れること」は別です。

 

だからこそ、仲介会社の販売活動が大事なのです。しかも、高く早く売れるかどうかは、担当する営業マンの力量にかかっています。

 

不動産業者の販売力を見極めるチェックポイント

不動産業者と担当営業マンの販売力を見極めるチェックポイントを2つ紹介します。

 

営業マン

 

販売用図面(マイソク)をチェックする

不動産業者が作成する販売用図面(マイソク)を見ただけでも、違いが分かります。レインズに登録するマイソクは重要です。他の不動産会社は、マイソクを見て自社の顧客にその物件を紹介するかどうか判断するからです。

 

しっかり宣伝して「他の不動産会社からも買手を紹介してもらおう」と誠実に販売活動する不動産会社の作製するマイソクは、ひと味違います。間取り図面も分かりやすく、セールスポイントとなる写真も豊富です。コメントやアピールポイントも工夫されています。

 

それに対して、熱意のない不動産会社の作製するマイソクは、何の工夫もありません。簡単な間取り図に、簡単なコメントがあるだけです。

 

不動産会社が、これまでに作製したマイソクをいくつか見せてもらって、物件に魅力を感じるか、買う気になるか、チェックしてみるとよいでしょう。

 

不動産ポータルサイトの物件紹介を見ても、その違いが分かります。一般媒介なら複数の不動産会社が同じ物件を紹介していますから、各社の物件紹介を比べてみれば一目瞭然です。

 

販売戦略・売却プランをチェックする

販売力を見極める上で重要なのは、販売戦略・売却プランがあるか、という点です。たんに広告を打てば売れるというわけではありません。

 

あなたの物件を買ってくれるのはどんな人か、その人に対し何をどうアピールすれば購入に結びつくか、ということを戦略的に考え、その販売戦略にもとづく売却プランがなければ、不動産売却は成功しません。

 

その不動産業者が、販売戦略を持って売却活動する業者かどうかは、担当者に「ある1つの質問」をすれば分かります。

 

それは、「どんな人が買ってくれそうですか?」と聞くだけです。

 

この質問に、購入してくれる具体的な人物像を示し、どうやって売っていくか、イメージ豊かに説明してくれる担当者ならOKです。

まとめ

不動産売却は、必ずしも大手不動産会社が有利とは限りません。専任媒介契約するために1社だけ選ぶ場合は、大手か地元中小かで判断するのでなく、大事なのは、担当する営業マンの販売力です。

 

もちろん、査定の依頼は、大手不動産会社にも地元中小不動産会社にもすればいいでしょう。その結果をふまえて、依頼する不動産業者を選べばよいのです。

 

大手から地元中小まで、不動産仲介業者にまとめて査定を依頼するなら、不動産一括査定『イエイ』を利用すると便利です。

 

査定結果はもちろん、売却プランや担当者も比較でき、一番高く早く売れる不動産業者を簡単に選べます。利用は完全無料です。