相続した実家・空き家を売却したときの課税の特例

相続した実家を売却

 

相続したものの誰も住まず空き家になっている実家を売却するとき、譲渡所得税の負担を軽減できる方法をご紹介します。

 

空き家対策特別措置法が2015年に完全施行され、危険な空き家を放置していると住宅用地特例から除外され固定資産税が最大6倍に増税になる一方で、空き家の売却を加速させる優遇税制も整備されています。

 

相続した実家・空き家を売却したとき、譲渡所得税の計算において適用できる特例についてまとめています。これを知っているのと知らないのとでは、譲渡所得税が大きく違ってきますから、チェックしておいてください。

相続した実家・空き家を売却したときの税金・特例・節税法記事一覧

実家を相続したものの相続税が払えず、相続税を支払うために相続した不動産を売却したら、譲渡所得税まで支払う羽目に…。これでは踏んだり蹴ったりです。そういう事態を避けるため、相続税の課税対象となった相続財産を、相続から一定期間内に売却した場合に、相続税と譲渡所得税が相次いで課税されることのないようにする特例があります。それが「取得費加算の特例」です。正式には「相続税が取得費に加算される特例」または「相...

空き家を取り壊して更地にして土地を売るときは、建物を解体撤去するタイミングに注意が必要です。家屋を解体撤去し更地にするタイミングによっては、固定資産税や都市計画税の住宅用地特例が適用されなくなり、土地の固定資産税が最大6倍に、都市計画税が最大3倍に跳ね上がるからです。税負担が大きくなるばかりか、値引き交渉の材料に使われることがありますから、注意が必要です。ここでは、空き家を取り壊して更地にして土地...