任意売却記事一覧

抵当権が設定された家・土地・マンションを売却するときは、売却代金で住宅ローンを完済し、売主の責任で抵当権を抹消して引き渡すのが、不動産取引のルールです。しかし、売却代金で住宅ローンを完済できない場合は、抵当権を抹消できないため、売りたくても売ることができません。そんなときは、どうすればいいのでしょうか?2つの方法をご紹介します。「差額を別途用意して全額返済する方法」と「差額を売却後に分割返済する方...

任意売却は、任意売却に詳しく、任意売却の実績ある不動産業者に、相談・依頼することが大切です。任意売却の経験のない不動産業者に任せてしまうと、「結局、競売になってしまった」ということになりかねません。それでは、安心して任意売却について相談でき任せられる不動産業者を、どうやって見つければいいのでしょうか?任意売却を任せる不動産業者の選び方・探し方、悪徳業者の見分け方について、まとめておきます。

住宅ローンの返済が困難になり「もう売るしかない」とき、通常の不動産売却はできなくても、任意売却という方法で担保不動産を売ることができます。任意売却とはどんな不動産売却なのか、任意売却と一般的な不動産売却との違い、任意売却と競売との違い、任意売却のメリット・デメリットについて、見ていきましょう。なお、任意売却が問題になるのはマイホームだけではありませんが、競売物件の大半が戸建てや区分所有マンションと...

住宅ローンの返済を滞納して、金融機関や保証会社から「期限の利益喪失の予告通知」や「代位弁済通知」が送られてきたら、競売開始の一歩手前です。何も対応しないと、ほどなく裁判所から「競売開始決定通知」が届き、自宅(担保不動産)が競売にかけられます。「期限の利益喪失」「代位弁済」とは何か、その通知が送られて来たら、どう対応すればいいのか、見ていきましょう。

裁判所から「競売開始決定通知」が届いたときは、ただちに競売を回避するための手続きをする必要があります。裁判所が競売開始を決定したからといって、すぐに競売入札が実施され、売却、強制退去となるわけではありませんが、対応できる時間はあまり残されていません。ここでは、不動産競売手続きの流れと、競売開始決定後に競売を中止・回避する方法について、見ていきましょう。

任意売却は、競売を回避するために行うものなので、いつでもできるわけではありません。任意売却できる期間・期限があります。特に、任意売却できる期限は重要です。その期限を過ぎると、競売を中止できないからです。ここでは、任意売却手続きを開始する時期・タイミングと、任意売却できる期限・タイムリミットについて、見ていきましょう。

任意売却も、不動産業者に査定・売却を依頼する点では、通常の不動産売却と同じです。任意売却と一般的な不動産売却とで大きく異なるのは、次の2つです。任意売却するには、事前に全ての債権者や利害関係者の同意が必要。任意売却後の残債務の支払い方法について、債権者との交渉が必要。任意売却の流れは、次のようになります。それぞれのステップで注意すべき点も、まとめておきます。

任意売却では、売却代金の全額が債権者(抵当権者)への返済に充てられるわけではなく、一部を任意売却に要する費用(必要経費)として控除できます。ここでは、住宅ローンの返済ができなくなりマイホームを任意売却する場合について、売却代金の配分方法、任意売却にかかる費用とそのうち控除が認められる費用について説明します。

任意売却後に残った債務は、もちろん債権者から請求されます。任意売却したからといって、返済を免除されるわけではありません。ただし、任意売却後の残債務は、債権者と話し合って、無理のない範囲で分割返済にすることが可能です。どうしても返済が難しい場合は、法的整理(自己破産)も選択肢となります。ここでは、任意売却後に残った債務の返済の仕方、残債務の返済が難しいときの債務整理の方法について見ていきましょう。