不動産仲介手数料を分かりやすく解説記事一覧

仲介手数料とは、不動産業者が、土地・建物の取り引きを仲介して、売買や貸借が成功したときに受け取ることができる成功報酬のことです。法律用語では仲介のことを媒介というので、仲介手数料は「媒介報酬」とも呼ばれます。媒介報酬(仲介手数料)は、法令で上限額が決まっています。ここでは、仲介手数料とは何か、どんな性質の費用なのか、仲介手数料の仕組みと上限額について見ていきます。

2018年1月1日より、売買価格400万円以下(税別)の空き家等の仲介手数料の上限額が引き上げられました。該当する物件を売却する売主にとって、費用面で負担が増える可能性がありますが、メリットがないわけではありません。仲介手数料引き上げの内容と、売主にとっての影響を見ていきましょう。

仲介手数料の計算方法について、具体例で見ていきましょう。仲介手数料の上限を定めた国土交通省の告示にもとづく本来の計算方法とともに、簡易計算式を用いた計算方法もあわせて紹介します。本来の計算方法は面倒ですので、仲介手数料は簡易計算式を用いて計算するのが一般的です。

不動産売買には、「消費税がかかる場合」と「消費税がかからない場合」があります。注意が必要なのは、次の3点です。個人間の住宅の売買には消費税がかかりませんが、不動産会社から住宅を購入する場合は消費税がかかります。土地は原則として非課税ですが、建物は原則として課税対象です。仲介手数料は消費税がかかり、その計算は税抜の売買価格をもとにします。それぞれ詳しく見ていきましょう。

仲介手数料が無料や半額の不動産業者を見かけます。でも、不動産仲介業者にとって、仲介手数料は大事な収入源のはず。それを無料にして、どうして経営が成り立つのでしょうか?また、仲介手数料が無料や半額というのは、依頼者にとって本当におトクなのでしょうか?ここでは、仲介手数料を無料や半額にできる理由とカラクリ、仲介手数料無料のメリット・デメリットについて見ていきましょう。