不動産会社による仲介と買取の違い、不動産買取のメリット・デメリット

不動産会社による買取

 

不動産売却には、大きく分けて2つの方法があります。一つは、不動産会社に買主を探してもらう方法、もう一つは、不動産会社が直接買い取る方法です。不動産を購入するのが個人か不動産業者かで、売却の仕方が異なります。

 

ここでは、仲介と買取の違い、不動産買い取りのメリット・デメリット、どんな場合に不動産買い取りが適しているのか、についてまとめています。

 

仲介と買取の違い

まず、不動産会社による媒介(仲介)と買取の主な違いを比較してみましょう。

 

  媒介(仲介) 買取
購入者

個人

不動産業者

売却期間

順調にいって 2~3ヵ月

早い

売却価格

相場より高く売れる可能性あり

相場の約7割

瑕疵担保責任

あり

なし

仲介手数料

必用

不要

リフォーム

物件次第

不要

 

それでは、不動産会社による買い取りのメリット買い取りのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

不動産買い取りのメリット

売主にとって、不動産買い取りのメリットは、主に次の5つです。

 

 

すぐに売却でき、お金が入る

不動産会社による買取の最大のメリットは、すぐに売却でき、お金が入ることです。

 

通常の不動産売却は、不動産業者に買主を探してもらうため、順調にいっても売却できるまでに2~3ヵ月かかりますが、買取は、業者の提示する買取価格に納得できたら、すぐに売却できます。

 

買取には、即時買取のほか、買取保証もあります。買取保証は、一定期間販売活動して売却できないときは業者が買い取る仕組みです。

 

瑕疵担保責任を負わない

瑕疵担保責任とは、引き渡しの時点では分からなかった瑕疵(欠陥・不具合)があったときは、売主が修繕の責任を負うというものです(民法570条)。雨漏りなどが代表的な例です。

 

一般的な売却の場合は、買主が個人なので、売主が瑕疵担保責任を負います。それに対して買取の場合は、買主が業者ですから、売主は瑕疵担保責任を負いません。

 

仲介手数料が不要

仲介手数料は、媒介契約した不動産会社が買主を見つけ、成約に至った場合に、不動産業者が受け取ることのできる成功報酬です。

 

買取の場合は、不動産会社が、売主と媒介契約するのでなく、直接購入しますから、仲介手数料は不要です。

 

売るためのリフォームが必要ない

売りに出す場合には、リフォームした方が売れやすい場合もありますが、不動産会社による買取の場合は、売主がリフォームする必要は一切ありません。

 

不動産業者は、買取した物件をフルリフォームし、付加価値を付けて売るのが目的だからです。売主が個人で高い費用をかけてリフォームするより、不動産業者ははるかに割安な費用でリフォームできるのです。

 

周囲の人に知られずに売却できる

買取は、買主を探すための広告が必要ありませんから、売却しようとしていることを周囲に知られることなく売却できます。

 

不動産買い取りのデメリット

売主にとって、不動産買い取りのデメリットは、通常の売却価格に比べて買取価格が安いことです。買取価格は、必ず時価より安い価格になります。

 

そもそも、不動産業者(買取再販業者)が買い取るのは、買い取った物件をフルリフォームして売るためです。買取は、転売益が目的です。

 

不動産業者は、買取価格をできるだけ低く抑えようとします。仲介の場合は、高く売却できるほど不動産業者に入る仲介手数料も多くなりますが、買取の場合は、買取価格が低いほど不動産業者の利益が多くなるからです。

 

買取価格は、だいたい時価の70%程度です。物件により異なり、時価の50%~80%くらいと幅があります。

 

できるだけ高く買い取ってもらうには?

通常の査定価格は、時価を推計するものですから査定価格で売却できる保証はありませんが、買取価格の査定は、不動産業者が買い取る価格を算定しますから、その価格で必ず売却できます。

 

できるだけ高く不動産業者に買い取ってもらうには、複数の業者に買取価格の査定を依頼して、単純に競わせればよいのです。

 

不動産買い取りが適するケースとは?

不動産買い取りが適しているのは、2つのケースがあります。急いで売却したい場合と瑕疵担保責任を負いたくない場合です。

 

価格が安くても、すぐに売却したい場合

買取は、少しくらい売却価格が安くなっても、急いで売却したい場合に最適です。

 

それ以外は、媒介契約で売却する方が、高く売却できる可能性があります。ただし、築年数がも古いなどの理由で売れにくい物件は、買取の方がよい場合もあります。

 

買取保証を付けて、販売活動してくれる不動産業者もありますから、不動産会社と媒介契約して売ってもらうか、不動産会社に買取してもらう方がよいか、迷っているようなら、不動産業者と相談してみるとよいでしょう。

 

瑕疵担保責任を負いたくない場合

瑕疵担保責任を負いたくない場合には、買取が適しています。

 

あとで買主からクレームを付けられるのはイヤという方には、買い取りなら瑕疵担保責任を問われることはないので安心です。

 

瑕疵担保責任免責の特約を売買契約書に書き込めば、売主が瑕疵担保責任を負うことはなくなります。ただし、瑕疵担保責任免責にすると、売却価格に影響したり、売買契約そのものに影響することもあります。なので、瑕疵担保責任の期間を2~3ヵ月間にするのが一般的です。

まとめ

不動産買い取りは、買取価格が時価よりも安くなりますが、すぐに売却できるメリットがあります。売却価格が少しくらい安くなっても、早く売却したい場合に適しています。

 

買取業者を選ぶ場合は、複数の不動産業者に買取価格の査定を依頼して比較し、いちばん高く買い取ってくれる業者を選ぶことが大切です。

 

不動産一括査定「イエイ」を利用すると、複数の不動産業者の買取価格を比較して、一番高く買い取ってくれる不動産会社を簡単に見つけることができます。

 

また、「イエイ」と提携している不動産業者なら、媒介契約がよいか買取契約がよいか、相談することもできます。