不動産売却の基礎知識 記事一覧

媒介契約するまでは、高い査定価格を付け、誠実そうな口ぶりだったのに、専任媒介契約・専属専任媒介契約をした後は、まともに販売活動しない業者がいます。そういう不動産業者に売却を任せていると、いつまで経っても売れず、最後は、大切な不動産が安値で買い叩かれてしまいます。悪徳・悪質な不動産業者と専任媒介契約・専属専任媒介契約をしないための方法、もし媒介契約してしまっても被害を最小限に抑える方法をご紹介します...

宅建業法(宅地建物取引業法)の改正により、2018年4月1日から、インスペクション(建物状況調査)の説明が義務化されました。インスペクションの義務化でなく、インスペクションの「説明義務化」です。まずは、インスペクションというものを知ってもらおう、ということです。インスペクションとは何か、インスペクションを実施することで売主にどんなメリット・デメリットがあるのか、見ていきましょう。

2018年4月1日からインスペクション制度がスタートし、宅建業者には、売主や買主に対する①インスペクション(建物状況調査)の説明、②インスペクション業者の斡旋、③インスペクションの結果説明が義務付けられました。インスペクション制度で、中古住宅の売却が今後どう変わるのか、考えてみましょう。

不動産売却において、売り出し価格・販売価格をどう設定するかは、最も悩むところです。なかなか買手が現れないと、「価格が高いのだろうか」「値下げした方がいいのだろうか」と不安になります。売れたとしても、「もっと高く売れたかもしれない」と後悔することも少なくありません。ここでは、不動産売却における売り出し価格・販売価格の決め方をご紹介します。これを知っていれば、売り出し価格・販売価格で悩んだり、後悔した...

家・マンション・土地を高く売却するには、売り出すタイミングが大事です。売り出すタイミングを誤ると、売れるものも売れなくなってしまう恐れがあります。不動産を売り出すときに大事なタイミングは、①需要が増加するタイミング、②競合物件が少ないタイミング、③節税効果が現れるタイミングです。この3つのタイミングをふまえて売り出せば、高く売れる可能性が高まります。詳しく見ていきましょう。

不動産を高く早く売るためには、効果的な値下げのタイミングとテクニックがあります。「早く売るために値下げするのは分かるけど、値下げしたら高く売れないのでは?」と疑問に思う方もいるかもしれませんね。売り出し価格は、もともと一定の値下げ幅を見込んだ価格です。値下げのタイミングとは、売主として「値下げのカード」をいつ切るのが効果的か、ということです。ここでは、不動産売却を成功させるための効果的な値下げのタ...

築年数の古い一戸建て住宅の売却は、リフォームするか、建物を解体して更地で売り出した方が、売れやすいと考えがちですが、まずは現況のまま売りに出し、様子をみながら、リフォームや建物の解体を検討するのが基本です。順番は、①現況のまま、②リフォーム、③更地です。もちろん、個別状況をふまえて判断することが大切です。

不動産売却には、大きく分けて2つの方法があります。一つは、不動産会社に買主を探してもらう方法、もう一つは、不動産会社が直接買い取る方法です。不動産を購入するのが個人か不動産業者かで、売却の仕方が異なります。ここでは、仲介と買取の違い、不動産買い取りのメリット・デメリット、どんな場合に不動産買い取りが適しているのか、についてまとめています。

家・マンション・土地など不動産を高く早く売るには、売却を依頼する不動産業者選びが決定的に重要です。不動産業者を「会社の規模」や「査定価格の高さ」だけで選ぶと失敗します。不動産売却では、大手不動産会社が有利とは限らないし、査定価格が高い業者が高く売れるとは限らないのです。では、どうやって不動産会社を選べばいいのか。高く早く売れる不動産業者の選び方で大切なポイントは次の2つです。業者の得意分野・得意エ...

不動産売却は、大手不動産会社の方が、地元の中小不動産会社より有利と考えられがちですが、今は、単純に大手だから有利とはいえない状況になっています。大手と地元中小それぞれのメリット・デメリット、大手と地元中小のうち、いずれか1社に決めなければいけないとき、どう判断すればよいのか、見ていきましょう。

専任・専属専任媒介契約した不動産業者が、誠実に売却活動をしないなど、契約義務を履行しないときは、いつでも媒介契約を解除・解約し、他の不動産業者に変更できます。ただし、媒介契約の有効期間内に、依頼者の都合で契約を解除すると、その間の経費を請求されることがあります。媒介契約の有効期間が切れるタイミングで解約し、別の不動産業者に変更すれば、契約期間中の費用を請求される心配もありません。専任・専属専任媒介...

不動産業者には、それぞれ得意分野があります。不動産を高く早く売却するには、あなたが売ろうと考えている物件の売却を得意とする不動産業者に依頼することが大切です。ここでは、不動産業にはどんな種類・業態があるのか、なぜ不動産業者の得意分野を見極めることが大事なのか、そして不動産業者の得意分野の見極め方を紹介します。