不動産売却を成功させるなら3ヵ月以内に売り抜けるのが鉄則

不動産売却

 

不動産を相場より高く売却するには、売りに出してから「3ヵ月以内に売り抜ける」のが鉄則です。

 

なぜ、不動産売却は3ヵ月勝負なのか、その理由を見ていきましょう。

 

不動産売却が成功するかどうかは、売り出し時に決まる!

「不動産売却が成功するかどうかは、売り出し時に決まる!」といっても過言ではありません。物件を新規に公開したときに、最もインパクトがあり、注目されるからです。

 

そのため、「売り出して1ヵ月以内に問い合わせや内見の希望がどれだけあるか」が、大事なポイントとなります。

 

1ヵ月以内に問い合わせがないようなら、売り出し価格が高いか、物件紹介の方法がよくないか、そもそもそのエリアで類似物件を探している買主が今はいないか、のいずれかです。

 

今すぐ購入する意思のある買主は 1ヵ月以内に内見する

売却の依頼を受けた不動産会社が、物件をレインズ(業界の物件情報データベース)に登録すると、全国の不動産業者に対して物件情報を新規公開することになります。

 

不動産業者は、新規物件に特に注目します。自社の抱える顧客(購入希望者)の条件に合う物件を常に探しているからです。

 

ですから、「今すぐ購入する意思のある買主」がいれば、売りに出して1ヵ月以内に内見の申し込みがあるのです。内見して、その物件を買主が気に入れば、具体的に価格や条件について話を進め、売り出しから2~3ヵ月で売却となります。

 

大切なのは「売り出し価格」の設定

大切なのが売り出し価格です。相場に比べ高すぎる価格で売り出すと失敗します。

 

あなたが「できるだけ高く売りたい」のと逆に、買主は「少しでも安く買いたい」のです。買主は、しっかり相場を調べています。何より、買主に物件を紹介する不動産業者は、相場を熟知している不動産仲介のプロです。相場より高すぎる価格では、相手にされません。

 

いつまでも売れずに残っていると、「売れ残り物件」としてイメージが定着し、大幅な値下げを余儀なくされます。

 

売り出し価格が相場に比べて高すぎると、売れ残って、結局は安値で売却することになります。売り出し価格は、慎重に決めることが大切です。売り出し価格の決め方はこちらをご覧ください。

不動産を相場より高く売却する「適正な売却期間」

不動産を相場より高く売却するための適正な売却期間は、一般論で言えば、3ヵ月以内です。3ヵ月を過ぎると、相場を下回る価格まで値下げを余儀なくされることが多くなります。

 

もちろん、自分が売却したいと思う価格(売却希望価格)で購入してくれる買主が現れるまで何年でも待つ、というなら話は別です。いつかは、売却希望価格で購入してくれる買主が現れるかもしれません。

 

しかし、不動産売却は、「できるだけ早く高く売りたい」という場合がほとんどでしょう。「いつまでに売却しなければいけない」と、売却期限を区切られる場合もあるでしょう。

 

不動産売却とは、市場の反応を見ながら、適正価格(=売れる価格)を探る作業です。その作業を3ヵ月以内にやりきることが、不動産売却を成功させるカギなのです。

 

なぜ、適正な売却期間が3ヵ月以内かというと、法律で定められた専任媒介契約の有効期間が最大3ヵ月で、不動産会社の査定価格は通常「3ヵ月以内に売れる価格」を算定するからです。

まとめ

不動産を相場より高く売却するには、売り出して3ヵ月間の勝負です。もっといえば、不動産売却が成功するかどうかは売り出すときに決まる、といっても過言ではありません。

 

一般的に、3ヵ月を過ぎても売れない物件は、市場から値引きを迫られることになります。高く売りたい気持ちは分かりますが、売り出し価格は、慎重に判断することが大切です。

 

不動産を相場より高く売却するには、3ヵ月以内に売り抜けられるよう、経験と実績のある不動産業者を選ぶことが重要です。

 

媒介契約する不動産会社を選ぶときには、不動産一括査定「イエイ」を利用して査定を依頼すると便利です。全国1,000社を超える優良業者の中から、いちばん高く早く売れる不動産業者を簡単に見つけられます。