不動産を高く売りたいなら、絶対やってはいけないこと、必ずやるべきこと

 

不動産を高く売りたいなら、絶対やってはいけないこと必ずやるべきことがあります。

 

特に難しいことではありません。それを知ってさえいれば、査定価格のアップはもちろん、相場より高く売却することも可能です。

 

不動産を高く売りたい方、不動産売却で失敗したくない方は、査定を依頼する前にチェックしておくことをおすすめします。そうでないと、後悔することになるかも…。

 

 

不動産売却で「絶対やってはいけないこと」とは?

不動産売却で「絶対やってはいけないこと」は、「1社にしか査定を依頼しない」ことです。

 

ところが、現実には、1社だけの査定で済ませ、その業者と媒介契約してしまう人が多いのです。これでは、高く売れるチャンスを、みすみす逃しています。

 

考えてみてください。1社だけの査定だと、その査定額が「本当に正しいのか、妥当な価格なのか」なんて、素人には分かりませんよね?

 

査定価格が低いと、売出価格も安くなります。早く買手が付くかもしれませんが、「もっと高く売れたかも…」と後悔がつきまといます。

 

逆に、査定価格が高いと、査定結果には満足でしょう。ですが、売出価格が高くなるため、売れ残ったり、最後は安値で買いたたかれるリスクがあります。

 

不動産を高く売りたいなら、絶対に、1社だけの査定で済ませてはいけません!

 

不動産売却で「必ずやるべきこと」とは?

不動産を高く売るために「必ずやるべきこと」は、複数の不動産業者に査定を依頼し、結果を比較することです。

 

これには、2つの目的があります。

 

複数社の査定結果を比較する2つの目的

1つは、適正な査定額(査定価格の相場)を知るためです。

 

1社だけの査定では、その査定額が高いのか低いのか見当もつきませんが、3社以上の査定額がそろえば、おおむね妥当な相場が分かります。

 

もう1つは、一番高く売れる不動産業者を探すためです。

 

ただし、単に「査定額の一番高い不動産業者を探す」ということではありません。

 

そもそも査定額は、「これくらいで売れるだろう」と業者が考える見込みの価格です。その価格での売却を約束するものではないため、査定額が高いほど高く売れるというわけではないのです。

 

それでは、どうやって、一番高く売れる不動産業者を見つけるのでしょうか?

 

一番高く売れる不動産業者の見つけ方

不動産の査定額は、あなたが思う以上に、業者によって差があります。

 

業者によって査定額に300万円や500万円程度の差が出るのは、珍しくありません。1千万円以上の差が出ることもあります。

 

なぜ、そんなに査定額に差が生じるかというと、不動産業者には、得意分野・得意エリアがあるからです。

 

例えば、こんなケースを考えてみてください。

 

郊外の一戸建ての売却を考えています。2社に査定を依頼するとします。

 

  • その地域の一戸建ての売却が得意な地元業者のベテラン営業マンが査定
  • 都市部のマンションの売却が得意な大手業者の新人営業マンが査定

 

どちらが高く売れるか、容易に想像できますよね?

 

その物件に強い業者であれば、取引(仲介)実績も多く、販売戦略や売却プランを立てやすいでしょう。強気の価格で売り出しても、買主を見つけられます。

 

そのため、査定額を高く算定することができ、実際に高く売却できる、というわけです。

 

大事なのは、ただ査定価格を比較するだけでなく、「査定価格の算定根拠」と「販売戦略・売却プラン」をふまえて業者を比較して、売れる不動産業者を見つけ出すことなのです。

 

複数業者への査定依頼は、これを使うと便利

複数の不動産業者に査定を依頼することが大切だとしても、1社1社査定を依頼するとなると、手間がかかります。

 

そんなときに便利なのが、無料の一括査定サービスです。わずか60秒ほどで、複数社に一括で査定を依頼できます。

 

最高いくらで売れるか、相場はどれくらいか、正確に分かります。

 

\ わずか60秒で最大6社にまとめて査定依頼 /

 

こちらの不動産一括査定は、国内最大級の老舗。もっとも利用されている一括査定ですから安心です。しかも、事前の厳しい審査と「イエローカード制度」により、悪質業者は参加できない仕組みですから、しつこい営業電話の心配もありません。