これだけで、査定価格も売却価格もアップ!

 

不動産を「高く売れる方法」を知らずに、損している人がたくさんいます。自分の不動産の本当の価値が分からないまま、安値で売却してしまっているのです。

 

実は私も、自宅を売却するとき、もう少しで600万円以上損するところでした…。

 

この方法を知っていれば、あなたの売却物件も査定額がアップし、きっと高値売却できるでしょう。

 

絶対やってはいけないこと、必ずやるべきこと

不動産売却で、一番やってはいけないのは、「1社にしか査定を依頼しない」ことです。

 

査定額は、あなたが思う以上に、業者によって差があります!

 

300万円や500万円程度の違いは、珍しくありません。1千万円以上の差がでることだって、あるのです。

 

1社だけの査定では、その査定額が本当に妥当な額なのか、素人には分かりません。だから、複数社の査定額を比較して、相場を知ることが大切なのです。

 

こうすれば高く売れる!

査定の目的は、「その物件の市場価値(売れる価格)を知るため」ですが、同時に「高く売れる業者を探すため」でもあります。

 

査定額が業者によって異なるのは、不動産会社に得意分野や得意エリアがあり、査定の考え方や売り出し方法が異なるからです。担当者の経験値も大きく影響します。

 

例えば、こんなケースを考えてみてください。

 

郊外の一戸建てを売却します。2社に査定を依頼しました。

 

  • その地域の一戸建ての売却が得意な、地元業者のベテラン営業マンが査定
  • 都市部のマンションの売却が得意な、大手業者の新人営業マンが査定

 

どちらが高く売れるか、容易に想像できますよね?

 

要するに、「その物件に強い業者」の「ベテラン営業マン」が査定すれば、強気の価格で売り出しても売れるので、査定額が高くなる、というわけです。

 

そういう業者を探すことも、査定の大事な目的なのです。

 

だからこそ、複数社に査定を依頼し、結果を比較することが大切なのです。これが、不動産売却「成功の秘訣」です。

 

あと数百万円、1千万円、高く売れるかも…

だれでも、数万円のものを買うときには、しっかり価格を比較します。なのに、不動産売却となると、1社だけの査定で済ます人が多いのです。

 

あと数百万、1千万、高く売れるかもしれないチャンスを逃したくありませんよね?

 

そのためには、まず査定を複数社に依頼して、高く売れる業者を探しましょう。業者を絞るのは、査定結果を比較してからでも遅くありません。

 

多くの人が、最初から大手1社に絞って査定を依頼するのですが、不動産売却を成功させる上で、大手か地元業者かは、あまり関係ありません。大手と地元業者の両方を含めて複数社に査定を依頼し、結果を比較することが大切です。

 

複数業者への査定依頼は、これを使うと便利

そうはいっても、複数の業者に1社1社査定を依頼するとなると、手間がかかります。

 

そんなときに便利なのが、無料の一括査定サービスです。わずか60秒ほどで、複数社に一括で査定を依頼できます。

 

最高いくらで売れるか、相場はどれくらいか、正確に分かります。こちらが、私も利用した無料の一括査定サービスです。

 

わずか60秒で最大6社にまとめて査定依頼。査定だけでもOK。無料ですから、気軽に試してみてください。

 

 

こういった話ができるのも、私自身が自宅を希望の価格で売却できたからです。

 

ただし、最初は、査定額なんて、どの業者に頼んでも同じと思っていました。
査定額が業者によって違うという話を聞いたときも、半信半疑でした。

 

でも、実際に5社の査定結果がそろったときは、目を疑いました。

 

それだけで査定額が620万円もアップするなんて!

それだけで、こんなに高く売れるなんて、あの時は思ってもみませんでした。

 

 

仕事の関係で引っ越すことになり、8年住んだマンションを売却することにしました。

 

まだローンが残っているので、売却代金で完済できるか気になり、近くの不動産会社に査定を依頼。結果は、残念ながら期待した価格には届きません。売っても、ローンが500万円近く残ってしまいます。

 

売った後まで、ローンを払い続けることになるなんて…。

 

1社だけではダメ!

そんなある日、自宅の査定額が思いのほか低かったという話を同僚にしたら、彼は、なんと実家を売却した経験があり、しかも「思ったより高く売れた」と言うのです。

 

そして「査定は何社に頼んだ?」と聞いてきました。

 

私が「駅前の不動産屋だけ」と答えると、「1社だけじゃダメだ」と。

 

「実家を売ったとき、3社に査定を頼んだんだ。無料の一括査定サービスを使って。そうしたら、あったんだよ。高い査定額を出してきたトコが!」と、熱く語りはじめました。

 

「査定なんて、どこに頼んでも、大して違いはないだろ?」と私。

 

すると彼は「それが全然違うんだ。驚いたよ。500万円以上も差があったんだ!」

 

「えっ! そんなに?」私もビックリ。

 

「で、その査定額が一番高かったトコに任せたら、ほぼその額で売れたよ」と、自慢気に話すのです。

 

にわかに信じがたい話でしたが、希望の光も見えました。

 

「もしかしたら、ウチも、もっと高く売れるかもしれない…!」

 

査定を複数社に依頼して、まさかの620万円UP!

 

早速、同僚の勧めてくれた「無料の一括査定サービス」を利用して、査定を依頼しました。

 

一括査定を利用すると、複数社にまとめて査定を依頼できるので便利です。1社1社に物件の説明をして、査定を頼んでいく手間がかかりません。1分ほどで、査定依頼は完了です。

 

手順はこうです。査定する物件の所在地を入力。面積、間取り、築年について、該当するものを選択肢の中から選ぶ。自分の名前と連絡先を入力。

 

すると、対応可能な不動産会社が表示されるので、そこに査定を依頼すればよいだけです。

 

入力した物件の売却を得意とする業者が、最大6社厳選されるので、どの業者に依頼しても、高い査定額が期待できるようです。

 

私の自宅マンションの査定の結果がこれです。

 

査定結果

 

なんと、最初の業者の査定額より、620万円も高い査定額を提示してきた業者があったのです。しかも、一括査定の参加業者は、全体的に査定額が高いのにも驚きです。

 

「もし、この価格で売却できれば、ローンを完済できる!」

 

そう思った私は、詳しく話を聞くことにしました。本当にその価格で売れるのか?

 

業者は、具体的に周辺の成約事例なども示し、どうやって売り出すかも含めて、分かりやすく説明してくれました。

 

「これなら、本当にその価格で売れるかもしれない!」

 

期待を込めて、その業者と媒介契約しました。

 

希望の価格で売却成功

その結果、2ヵ月ほどで、希望の価格で無事売却することができたのです。もちろん、ローンも完済。今は新居で、家族みんなで新しい生活をおくっています。

 

あのとき同僚のアドバイスがなかったら…?
査定を複数社に依頼しなかったら…?

 

今も住宅ローンの返済に追われていたでしょう。今の幸せな暮らしはありませんでした。

 

そんなことを考えると、この無料の一括査定サービスに出会えて本当によかったと、同僚には心から感謝しています。

 

 

これから不動産を売却するあなたにも、この一括査定サービスをおすすめします。

 

いちばん高く売れる業者が見つかる!

この一括査定を利用すれば、いちばん高く売れる不動産会社が見つかります!

 

  • 手元に査定額があるけど、納得できていないという方。ぜひ、この一括査定サービスを試してみてください。最高いくらで売れるか、相場はどれくらいか、正確に分かります。
  • まだ売るかどうか決めていない方。査定だけでもOKです。結果を見て判断すればいいのです。
  • 業者に来てもらうのはハードルが高い方。メールで査定結果を受け取るだけの簡易査定の方法もあります。
  • しつこい営業電話の心配がないのも、選ばれているポイント。そういう業者は、参加できない仕組みになっているからです。
  • マンションや戸建だけでなく、土地の査定もOK。全国、どんな物件でも査定可能です。

 

一括査定には、こんなメリットも

不動産会社の側は、一括査定経由の査定依頼と分かるので、サービスを競い合います。例えば、仲介手数料半額、ハウスクリーニング無料、内覧時のコーディネートアドバイスなど、提示してくる不動産会社もあります。

 

まずは、いくらで売れそうか、調べるだけでも調べてみませんか?

 

  • 利用は無料。
  • 査定だけもOK。
  • 全国対応。
  • マンション、戸建、土地、何でも査定可能。
  • 住宅ローンが残っていても査定可能。
  • しつこい営業なし

 

サポートも充実しているので、不動産売却が初めての方に、特におすすめです。

 

 

いま、住宅需要は予想以上に堅調

こんなご時世ですが、いま住宅需要は予想以上に堅調です。経済誌も「想定外の事態」(週刊東洋経済2021年1月16日)と特集を組むほどです。

 

特に首都圏では、中古物件が「売り手優位」で高値で売れています。地方の一戸建ても、密を避ける新たな需要が生まれ、これまで売るのが難しかった物件も売れています。

 

公益財団法人・東日本不動産流通機構(東日本レインズ)のレポートによれば、中古マンション・中古戸建住宅とも、成約件数は過去最高の伸び、成約価格も前年より上昇しています。
(首都圏における[2020年10~12月期]の不動産流通市場の動向を前年同期と比較)

 

自宅や実家の売却を検討されているなら、いくらで売れるか、調べるだけでも調べておいた方がいいですよ。いま売るかどうかは、査定結果を見て判断すればよいのです。