悪徳・悪質な不動産業者と専任媒介契約しないための2つの方法

悪徳不動産業者

 

媒介契約するまでは、高い査定価格を付け、誠実そうな口ぶりだったのに、専任媒介契約・専属専任媒介契約をした後は、まともに販売活動しない業者がいます。

 

そういう不動産業者に売却を任せていると、いつまで経っても売れず、最後は、大切な不動産が安値で買い叩かれてしまいます。

 

悪徳・悪質な不動産業者と専任媒介契約・専属専任媒介契約をしないための方法、もし媒介契約してしまっても被害を最小限に抑える方法をご紹介します。

 

 

専任媒介契約の有効期間を1ヵ月にして様子を見る

1ヵ月媒介契約

 

1つは、専任媒介契約(専属専任を含む)の初回の契約期間を1ヵ月に限定し、不動産業者の働きぶりを見る方法です。

 

不動産業者との媒介契約の期間は、3ヵ月とするのが一般的ですが、これは、法律で専任媒介契約の有効期間は3ヵ月以内と決まっている(宅建業法第34条の2第3項)ため、不動産業者が、期限いっぱいの3ヵ月を提示するからです。

 

3ヵ月以内であれば、媒介契約の期間は、依頼者(売主)と不動産業者との間で自由に決めることができます。

 

また、契約の有効期限が来ると、依頼者が契約更新の意思表示をしない限り、専任媒介契約は自動的に切れます。

 

この仕組みを上手く活用し、最初の専任媒介契約の有効期間を1ヵ月とするのです。

 

つまり、まず 1ヵ月間、不動産業者の動きを見て、任せておいて安心な業者であれば、1ヵ月後の契約更新時に、今度は契約期間を3ヵ月にし、業者の動きがよくなければ、契約を更新せず、他の不動産業者に変更すればよいのです。

 

なぜ、1ヵ月か?

法律で定められた専任媒介契約の有効期間は最大3ヵ月ですから、極端な話、契約の有効期間を1週間とすることもできます。しかし、さすがに1週間の契約期間では、不動産業者も動きようがなく、現実的ではありません。

 

きちんと販売活動をすれば、1ヵ月以内に内見希望者が現れるものです。ですから、1ヵ月の媒介契約なら、その不動産業者の販売活動の良し悪しを判断することができるのです。

 

専任媒介契約を途中で解除することもできますが、契約期間中の費用を請求されることがあります。媒介契約の有効期限が来たときに不動産業者を変更すれば、無用なトラブルを回避できます。

 

この方法の弱点

ただし、この方法には1つ弱点があります。もしも、2社目以降も動きの良くない不動産業者が続くと、売却活動が進まないということです。

 

「不動産売却は、初めて市場に売り出したときに成否が決まる」といっても、過言ではありません。何ヵ月も売れない状態が続くと、「良くない物件」のイメージが定着してしまい、売れにくくなるのです。

 

こうしたリスクを回避するには、最初から信頼できる優良業者と専任媒介契約をすればいいのです。

 

とはいえ、素人には不動産業者の良し悪しを判断するのは簡単ではありません。次の方法がおすすめです。

 

不動産一括査定『イエイ』を利用する

不動産一括査定『イエイ』を利用すれば、最初から、誠実に売却活動してくれる不動産業者と媒介契約することができます。「この不動産業者に任せて大丈夫だろうか」と、心配することはありません。

 

『イエイ』は、厳しい審査をクリアした全国の優良業者のみが提携し、信頼できる不動産業者ばかりですから、どの業者と媒介契約しても安心です。

 

しかも、あなたの不動産を一番高く早く売却できる業者を簡単に選ぶことができます。『イエイ』のサービスは全て無料で利用できますから、ぜひ試してみてください。

 

 

まとめ

不動産業者と専任媒介契約・専属専任媒介契約するとき、不動産業者がきちんと売却活動するかどうか心配なら、媒介契約の有効期間を1ヵ月にして様子を見る方法があります。

 

1ヵ月以内に物件の問い合わせが1件もないようなら、その不動産業者との媒介契約は見直した方がよいでしょう。きちんと売却活動をしていない可能性があります。契約期間は1ヵ月で切れますから、被害を最小限に抑えることができます。

 

ただし、この方法は、何度もできるものではありません。最初から「売れる不動産業者」と専任媒介契約することがベストです。そういった不動産業者を探すには、不動産一括査定『イエイ』を利用するのがおすすめです。