仲介手数料の安い不動産会社の探し方と注意点

 

仲介手数料は、国が上限を定めていて、それ以下の額で、依頼者と不動産会社との間で自由に決められます。とはいえ、上限額で契約するのが一般的です。

 

最近は、仲介手数料が無料や半額の不動産会社も出てきています。そんな不動産会社に売却を依頼することができれば、不動産売却にかかるコストを抑えられます。

 

「仲介手数料の安い不動産会社の探し方」をご紹介しましょう。

 

その前に、仲介手数料がどれくらいの額になるのか、計算方法と上限額について、見ておきましょう。

 

仲介手数料の計算方法と上限額

不動産売買の仲介手数料は、売買価格によって決まります。国が定める上限額は、次の通りです。

 

売買価格 仲介手数料
400万円超 売買価格の3%+6万円
200万円超 400万円以下 売買価格の4%+2万円
200万円以下 売買価格の5%

※売買価格は税別。

 

なお、特例として、売買価格が400万円以下の空き家で、現地調査に通常より費用がかかる場合は、一律18万円とされています。

 

この方法で計算した額に消費税を加えた額が、仲介手数料の上限額です。

 

例えば、2,000万円(税別)で売却したときの仲介手数料は、

 

2,000万円×3%+6万円=66万円

 

消費税込みで、73万円となります。

 

仲介手数料は、不動産売却のコストの中でも大きな金額になります。仲介手数料をどれだけ安くできるかは、売却益が最終的に手元にいくら残るか、に大きく影響します。

 

仲介手数料の安い不動産会社の探し方

仲介手数料の安い不動産会社を探すには、次の2つの方法があります。

 

  1. 不動産売却の仲介手数料が無料や半額をアピールしている不動産会社を探す。
  2. 一括査定を利用して、仲介手数料の安い不動産会社を見つける。

 

それぞれのメリット・デメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

仲介手数料が無料・半額の不動産会社を探す

1つは、仲介手数料が無料・半額を自社のWebサイトでアピールしている不動産会社を探す方法です。

 

ただし、都市部の物件や高額物件など、エリアや売却金額に条件があることが多いので、売却する物件が、該当するかどうかを確かめる必要があります。

 

また、そういう業者を複数探して、1社ずつ査定を依頼し、その結果を比較する必要があります。1社だけの査定では、その査定額が妥当な額なのかどうか、判断できないからです。

 

仲介手数料は安かったが、売却価格も安かった、では後悔します。

 

メリット
  • 仲介手数料の安い業者に直接、査定を依頼できる。
デメリット
  • 業者を複数探して、1社ずつ査定を依頼する必要がある。
  • あなたの物件の売却が得意な業者とは限らない。
  • エリアや売却価格に条件があることが多い。

 

一括査定を利用する

もう1つは、一括査定を利用する方法です。仲介手数料の安い不動産会社が必ず見つかるとは限りませんが、意外と有効です。

 

一括査定を利用して査定を依頼すると、各社がサービスを競い合います。そのため、不動産会社から、仲介手数料を半額にするとか、何割引きとか、サービスを提案してくる場合があるのです。

 

向こうから提案がない場合でも、あなたが各社を比較できる立場にいますから、仲介手数料の値引き交渉をしやすいのです。

 

仲介手数料が無料の業者より、おトクな場合も

一括査定を利用すると、あなたが売却する物件に強い不動産会社に査定を依頼することができます。そのため、査定額も売却額もアップする傾向があります。

 

それに加えて、仲介手数料の安い不動産会社が見つかるかもしれないのです。

 

つまり、一括査定を利用すると、高く売却できる上に、仲介手数料が安くなる場合があるのです。

 

こちらの方が、おトクと思いませんか?

 

メリット
  • 仲介手数料の安い業者が見つかる可能性がある。
  • その物件に強い業者に査定を依頼できるので、高く売れる可能性があり、たとえ仲介手数料が安くならなくても、結果的におトクになるケースが多い。
  • 仲介手数料の値引き交渉がしやすい。
デメリット
  • 仲介手数料の安い業者が必ず見つかるとは限らない。

 

一括査定は、登録業者数、利用者数の多い「イエイ」がおすすめです。仲介手数料の安い不動産会社が見つかりやすいからです。

 

\ 仲介手数料の安い不動産会社が見つかるかも!/

 

 

仲介手数料「無料」は、本当におトクか?

仲介手数料が安いに越したことはありませんが、安ければ良いというわけでもありません。

 

そもそも仲介手数料は、仲介業者への成功報酬であるのと同時に、安全に不動産を売買するための費用でもあります。

 

仲介業者にとっては、仲介手数料が唯一の報酬です。本来、無料では、ビジネスが成り立ちません。

 

それが、なぜ可能なのかというと、仲介手数料の仕組みにあります。

 

両手仲介なら不動産業者は報酬が2倍

 

1社で売主と買主の両方を仲介すれば、双方から仲介手数料が入ります。売主と買主それぞれが、売買価格の約3%を仲介手数料として支払うので、業者の受け取れる仲介手数料は2倍の約6%になるのです。

 

これを「両手仲介」といいます。ちなみに、売主・買主の一方を仲介するのは「片手仲介」といいます。

 

この両手仲介の仕組みがあるため、売主の仲介手数料を半額や無料にしても、経営が成り立つのです。買主から、仲介手数料が入るからです。もちろん、その業者の経営努力もあるでしょう。

 

両手仲介のメリット・デメリット

そもそも、少しでも高く売りたい売主と、少しでも安く買いたい買主は、利益相反です。その両方を仲介するのは、本来、無理があります。

 

両手仲介は、海外では禁止されているところが多いのですが、日本では認められています。これが、日本の不動産市場の透明度を下げる要因にもなっています。

 

両手仲介のメリット

ただ、両手仲介が、絶対に悪いとはいえません。

 

例えば、大手の強みは、抱えている顧客(買いたい人)が多いこと。自社の顧客とマッチングさせることができれば、スピード売却に結びつきます。

 

両手仲介のデメリット

そうはいっても、やはり両手仲介は、マイナス面が大きいのです。

 

仲介業者の営業マンは、高く売ることよりも、契約数を稼ぐことを会社から要求されます。そんな中、自社の顧客が「もう少し価格が下がれば買う」と言ってきたら?

 

契約数を稼ぎたい営業マンが「この価格で手を打ちましょう」と、売主を説得にかかるのは容易に想像できます。仲介業者が、買い手の側に立ったり、契約数を稼ごうとしたりして、成約価格が下がる傾向にあるのです。

 

また、両手仲介は、必ず自社で買主を見つけようとします。

 

他社から問い合わせがあっても「すでに成約目前」などと嘘を言って受け付けなかったり、他社で高い金額で購入を希望している買主がいても売主に伝えなかったりして、高く売れる機会を失ってしまうことがあるのです。

 

このように、両手仲介は、売主にデメリットが大きいのです。

 

仲介手数料無料は、両手仲介を宣言しているのと同じです。コスト面でのメリットはありますが、「高く売れる機会を失うリスクがある」ことも知っておいた方がよいでしょう。

 

不動産売却で大事なこととは?

不動産売却で最も大事なのは、売れる不動産会社を見つけることであって、仲介手数料が安い業者を見つけることではありません。

 

仲介手数料の安い業者であることは、付随的なもの。高く売れることが第一です。

 

\ 仲介手数料の安い不動産会社が見つかるかも!/